ビジネスブログ

ブラザー電化住設株式会社
創業70年の信頼
2015年04月20日 [Default]
ドアも長年使用していると開閉がしにくくなってきます。
今日は2つのケースをご紹介します。(三木町)

【その1】
まずはこのドアです
ドア1

途中で動きが止まり、最後まで締め切ることが出来ません。
k様2

このドアはとても重たいので、長年の使用により
上部の蝶番が緩んでドアが傾いていました。

蝶番に調整機能が付いているのでそこを調整しました。
k様4
このように繊細に微調整をしていきます。

k様5


上下の蝶番調整によりドアの傾きが正され、
最後まで閉まるようになりました。
k様6

【その2】
次はこの引き戸です。
ドア7

開閉がとても重たくなっていました。

レールの部分には傷が付くほどです。
ドア8

この戸のは2つのタイヤが付いていて、レールの上を滑るタイプの物ですが
片側のタイヤが奥に引っ込んでいました。

調整ダイヤルを回し、戸が水平になるように微調整をします。
ドア8

そしてレールの部分の埃を取り除きます。
ドア9
雑巾が真っ黒になりました。

これで引き戸はスムーズに動くようになりました。


(^O^)/☆ワンポイントアドバイス☆
皆様のお家でも、定期的にレールのお掃除をしてくださいね!

このようにドアが開閉しにく、最後まで閉まらない、鍵がかからないなど
不具合があればブラザー電化へご相談ください。

◎施工理由
ドアの開閉がしにくい

◎費用
3000円

◎工期
0.5時間

◎施行内容
・ドアの蝶番 調整
・戸のタイヤ 調整



このページの先頭に戻る